〈気になる肌の黒ずみの解決方法について

・肌自体の黒ずみの要因を、きちんと把握しておく

お肌の黒ずみを、上手く改善して行く為には、自らの大切な皮膚表面が、どうして色素が沈着してしまったのか、主な原因なども、はっきりと捉えておかないとなりません。

しっかりと要因を究明して、最も有効的な予防法などに、対策方法などを、上手く打ち出して行かねばなりません。

・紫外線の悪影響による、肌の黒ずみに関して

紫外線をいっぱい浴び続けてしまうと、メラニンと呼ばれる、シミが沢山発生してしまう成分が、多く産み出されてしまいます。

この現象が強く影響を及ぼしてしまい、見るからに目立ってしまう、深刻なシミへとなってしまいます。

シミとは、お肌が色素沈着を起こしてしまう、代表的な症状の事であります。

黒ズミ

紫外線そのものを、大量に浴び続けてしまう事とは、私達人間が生きている限り、どうしても避けられない、現象でもある為、世の中に存在している、大勢の女性達が、困ったり、悩んでいたりする、最悪の肌トラブルでもあったりします。

黒ずみバイバイ
・ニギビや吹き出物などによる、肌の黒ずみについて

皮膚表面が、ニギヒや吹き出物などの肌トラブルなどにより、完全に炎症を引き起こしてしまう事で、お肌から活性酸素が、必ず発生してしまいます。

活性酸素では、只でさえデリケートで、弱い肌細胞へと、大きなダメージなどを与えて、すっかり傷付けてしまいます。

この様々な病気を起こしてしまう活性酸素から、肌組織などを確実に保護して行く為に、お肌は忽ち反応して、沢山のメラニン色素を、生成してしまいます。

これらの知識などを、上手に役立てて行きながら、頑固な黒ずみを、徹底的に肌から除外するようにして下さい。

肌の黒ずみケアについて

肌の黒ずみに悩んでいる女性って結構多いと思います。
私もその一人でしたが、そんな私でも黒ずみが気にならなくなった部位があります。
それが「ワキ」です。
濃く太い毛が結構な頻度で生えてくることから数日に一回のペースで処理し、その結果黒ずみに悩んでいるという人も多いワキですが、なぜ私が悩まなくなったかというと理由は明白です。
脱毛をしたからです。
脱毛をしたので自己処理がほぼ必要なくなりました。
ワキに関してはカミソリも毛抜きも入りません。
結果それらで与えるダメージがなくなり、徐々に黒ずみも改善されたのです。

そこで私は考えました。
自己処理が黒ずみの原因になっているのなら、自己処理をやめればいいのでは?と。

ただ、自己処理をやめてしまえば楽なことなには楽だし黒ずみも改善されるのでしょうが、人の目もありあまり現実的ではありません。
ワキと同様に脱毛ができればいいのですが、費用もありそれも難しい……そこで私がやったのは、冬や秋など、「肌が隠れる季節の処理の取りやめ」です。
冬や秋は比較的肌を隠しやすいです。
ただムダ毛の有無によって服を限定したくないというファッション面から、いつも腕も脚も処理してしまっているのですが、それをやめて服で隠してみました。

これを3年ほど続けているのですが、ヒザの黒ずみはだいぶマシになってきたように思います。
また、「何かをやる」というケアではなく「何かをやめる」という方向性も、横着な性格に合っているようです。
冬場だけダメージを与えないというケアですが、思った以上に効果が出たのでこれからも処理は春夏だけにしようと思っています。

肌のターンオーバーと保湿で対策!

若かったので肌の黒ずみに特に関心もなく、ケアもせずに過ごしていましたが、
ある日スカートをはいてみて自分の膝の黒ずみに愕然としました。
もともと色白の方なので、膝が黒くなっているだけでなんだか汚らしい印象に見えるような気がしてとても焦りました。
おそらく一番の原因は、学生時代の座敷のある飲食店でバイトで膝をつきながら配膳をしていたのが大きな原因です。
気になり始めてから、インターネットで肌の黒ずみ対策の情報を収集し実行したりとケアを行いましたが、
すぐに黒ずみが解消されることはありませんでした。
数年経ってずいぶんと他の箇所と同じような肌色に戻すことに成功しましたが、加齢の影響も加わって元通りとはなっていません。
そんな愕然とする膝の黒ずみに気づいてからは、肌の黒ずみケアを日々コツコツと続けています。
コツコツとケアする中で気づいたのは、案外肘の黒ずみです。
肘は黒ずむことがあまりない分、加齢の影響での黒ずみが出やすい箇所で、この肘の黒ずみケアを行っておくだけで、
ずいぶんと若々しい印象を与えることができることに気づきました。
日々のケアとしては週に1度の粗塩や専用ゴマージュなどを用いて不要な角質を取り除くことと、
化粧水とクリームを使った丁寧な保湿が大切です。
この黒ずみケアを日々行うことで膝の黒ずみはずいぶんと改善されましたし、
肘に至っては周囲の同年代の中で一番きれいではないかと自負しています。

黒ずみケアクリームに頼っています

肌の黒ずみで一番目につくのは、膝とか肘ですよね。自分でも確認しやすいし、気がついたらすぐにお手入れできます。でも、Vラインやお尻の黒ずみのお手入 れをしている人は、どれくらいいるでしょう。Vラインは、ムダ毛の処理などで目にしているから、綺麗にしているかもしれませんが、お尻をお手入れしている 人は少ないのではないでしょうか。
わたしも、お手入れしていなかったひとりです。そもそも、自分の体の後ろ姿を見る機会なんてほとんどありませんでした。だけど、ある日、ふと姿見に写った自分のお尻の状態にびっくりしてしまいました。
お尻に黒ずみができていたんです。座ったときに椅子と接する部分が、黒くなっていました。
黒ずみを見つけてから、必死になってこすったり、角質を取り除こうとスクラブ入りのマッサージクリームを使ったりしていましたが、それがダメなことだと後で知りました。
黒ずみはそもそも、肌への刺激によってメラニンが生成されてしまい、沈着した状態です。そこへ更に刺激を加えてしまったら、逆効果です。
いろいろと調べて、黒ずみケアには保湿が大切と知り、黒ずみケア専用のクリームを朝晩に塗っています。3ヶ月くらいしたら、徐々に黒ずみが薄くなってきました。