月別アーカイブ: 2016年1月

お肌の黒ずみの知識に関して

・ターンオーバー(肌の新陳代謝)について

お肌のターンオーバーとは、新しい皮膚へと、完全に生まれ変わって行く、新陳代謝の事をそう呼びます。

もっと分かりやすく言うと、肌の細胞や組織では、大体1ヶ月位掛けて、角化して行くようになっています。

次第に角化細胞へと変化しながら、最終的には、垢やフケなどへと、変わったりして、きちんと剥がれ落ちて行く、仕組みになっております。

黒ズミ

元気で健康的な皮膚組織の状態ならば、メラニンが、僅かに作り出されたとしてでも、不必要となった、すっかり古くなった角質から、順番に剥がれ落ちて行く構造となっている為、キレイなお肌へと、ちゃんと元通りになって行きます。

ターンオーバー自体が、おかしくなってしまう事により、メラニン色素が沈着した現象が、ずっと続いてしまいます。

古くなった角質が、皮膚から上手く剥がれ落ちないようになってしまい、肌表面へと、黒ずみやシミなどの、肌トラブルなどが起こってしまいます。

・ターンオーバーが狂ってしまった事により、現れてしまう肌トラブルは、下記の通りです。

.ニキビや吹き出物などが、発生しやすくなってしまう。

.お肌が極端に荒れやすくなってしまう。

.目立ってしまう、シミやシワなどが出来やすくなってしまう。

.ギスが治って行くスピードが、明らかに遅くなってしまう。

.はっきり直ぐに分かってしまう黒ずみが、幾つも作られてしまう。

などでございます。

黒ずみの知識について

黒ずみの原因である、メラニンに関して

黒ずみが大切な肌へと発生してしまう、最大の要因となるのが、メラニンと呼ばれる成分が、沢山生み出されてしまう事です。

メラニンとは、本来どんな成分なのか、今一よく理解出来ない人々なども、結構いらっしゃるかと思われます。

メラニンはお肌自体が、外的なダメージなどを、強く受けてしまった際などに、肌の環境を上手くガードする為、基底層のメラノサイトにより、作り出されて行く成分の事です。

※この強いダメージの正体には、以下の刺激などが挙げられます。

.紫外線による刺激

1番分かりやすいのが、身体の皮膚が、日焼けしてしまった場合に必ず起こる、肌そのものが、すっかり黒く変わり果ててしまう現象だと言えます。

皮膚組織が、太陽の光をいっぱい浴びて、紫外線の強力なダメージなどを、直接受けてしまった事により、何とか肌を守る為に、メラニンが大量に生み出されます。

この働きが、お肌へと完全に定着化してしまう事で、確実に黒く変色してしまいます。

.摩擦による、強い刺激

極めて締め付ける力が強い、矯正下着類を、しっかりと付けた時などや、密着型のズボンを穿いたり、シャツなどを身に付けたケースでは、肌と繊維がどうしても、擦り合ってしまうので、メラニンが数多く生成されてしまい、忽ちお肌へと、黒ずみが現れてしまいます。