月別アーカイブ: 2016年5月

肌の黒ずみケアについて

肌の黒ずみに悩んでいる女性って結構多いと思います。
私もその一人でしたが、そんな私でも黒ずみが気にならなくなった部位があります。
それが「ワキ」です。
濃く太い毛が結構な頻度で生えてくることから数日に一回のペースで処理し、その結果黒ずみに悩んでいるという人も多いワキですが、なぜ私が悩まなくなったかというと理由は明白です。
脱毛をしたからです。
脱毛をしたので自己処理がほぼ必要なくなりました。
ワキに関してはカミソリも毛抜きも入りません。
結果それらで与えるダメージがなくなり、徐々に黒ずみも改善されたのです。

そこで私は考えました。
自己処理が黒ずみの原因になっているのなら、自己処理をやめればいいのでは?と。

ただ、自己処理をやめてしまえば楽なことなには楽だし黒ずみも改善されるのでしょうが、人の目もありあまり現実的ではありません。
ワキと同様に脱毛ができればいいのですが、費用もありそれも難しい……そこで私がやったのは、冬や秋など、「肌が隠れる季節の処理の取りやめ」です。
冬や秋は比較的肌を隠しやすいです。
ただムダ毛の有無によって服を限定したくないというファッション面から、いつも腕も脚も処理してしまっているのですが、それをやめて服で隠してみました。

これを3年ほど続けているのですが、ヒザの黒ずみはだいぶマシになってきたように思います。
また、「何かをやる」というケアではなく「何かをやめる」という方向性も、横着な性格に合っているようです。
冬場だけダメージを与えないというケアですが、思った以上に効果が出たのでこれからも処理は春夏だけにしようと思っています。

肌のターンオーバーと保湿で対策!

若かったので肌の黒ずみに特に関心もなく、ケアもせずに過ごしていましたが、
ある日スカートをはいてみて自分の膝の黒ずみに愕然としました。
もともと色白の方なので、膝が黒くなっているだけでなんだか汚らしい印象に見えるような気がしてとても焦りました。
おそらく一番の原因は、学生時代の座敷のある飲食店でバイトで膝をつきながら配膳をしていたのが大きな原因です。
気になり始めてから、インターネットで肌の黒ずみ対策の情報を収集し実行したりとケアを行いましたが、
すぐに黒ずみが解消されることはありませんでした。
数年経ってずいぶんと他の箇所と同じような肌色に戻すことに成功しましたが、加齢の影響も加わって元通りとはなっていません。
そんな愕然とする膝の黒ずみに気づいてからは、肌の黒ずみケアを日々コツコツと続けています。
コツコツとケアする中で気づいたのは、案外肘の黒ずみです。
肘は黒ずむことがあまりない分、加齢の影響での黒ずみが出やすい箇所で、この肘の黒ずみケアを行っておくだけで、
ずいぶんと若々しい印象を与えることができることに気づきました。
日々のケアとしては週に1度の粗塩や専用ゴマージュなどを用いて不要な角質を取り除くことと、
化粧水とクリームを使った丁寧な保湿が大切です。
この黒ずみケアを日々行うことで膝の黒ずみはずいぶんと改善されましたし、
肘に至っては周囲の同年代の中で一番きれいではないかと自負しています。